スマートフォンサイトを表示する

恩賜賞・日本芸術院賞

  • ホーム
  • 恩賜賞・日本芸術院賞
  • 賞の概要

賞の概要

日本芸術院では,会員以外の者で,卓越した芸術作品と認められるものを制作した者及び芸術の進歩に貢献する顕著な業績があると認められる者に対して,毎年,恩賜賞と日本芸術院賞を授与しています。
日本芸術院賞は,昭和16年から戦中,戦後の一時期を除いて毎年授与しており,平成28年度において第73回を数えています。
恩賜賞は日本芸術院賞を受賞した者の中から特に選ばれて贈られる賞です。
恩賜賞には賜品が,日本芸術院賞には賞状,賞牌,賞金が贈られます。
平成28年度恩賜賞・日本芸術院賞の授賞式は,天皇皇后両陛下の行幸啓を仰ぎ,平成29年6月19日に挙行されました。

直近の授賞式写真

  • 式典風景 写真
    式典風景
  • 授賞者等 写真
    授賞者等
  • 授賞者関連作品展示 写真
    授賞者関連作品展示

授賞式詳細

平成28年度(第73回) 平成29年6月19日

専門 氏名 ふりがな 授賞理由
第一部 恩賜賞・日本芸術院賞 髙木 聖雨 たかき せいう 書「協戮」に対し
第一部 日本芸術院賞 日本画 西田 俊英 にしだ しゅんえい 日本画「森の住人」に対し
第一部 日本芸術院賞 洋画 根岸 右司 ねぎし ゆうじ 洋画「古潭風声」に対し
第二部 恩賜賞・日本芸術院賞 評論 渡辺 保 わたなべ たもつ 演劇全般,特に伝統演劇の本質を綿密かつ精緻に探究した長年にわたる評論の業績に対し
第二部 日本芸術院賞 小説 髙樹 のぶ子 たかぎ のぶこ 様々な類型の人間関係の機微を緻密に考察し,豊かな物語性を織りこんだ小説を造型した業績に対し
第三部 恩賜賞・日本芸術院賞 洋楽 一柳 慧 いちやなぎ とし 長年にわたる幅広い作曲活動と常に新しい世界を切り開いていく積極的な姿勢に対し
第三部 日本芸術院賞 能楽 大槻 文藏 おおつき ぶんぞう 能の最高秘曲と復曲における優れた舞台成果,大阪能楽界の発展及び後進育成の業績に対し
第三部 日本芸術院賞 歌舞伎 市川 左團次 いちかわ さだんじ 「助六由縁江戸桜」の髭の意休役,「仮名手本忠臣蔵」の高師直役及び桃井若狭之助役における演技に対し
第三部 日本芸術院賞 邦楽 鳥羽屋 里長 とばや りちょう 長年にわたり歌舞伎長唄に尽くした業績に対し

歴代の授賞者を見る

ページの先頭へ

Copyright © 2015- The Japan Art Academy. All Rights Reserved.