スマートフォンサイトを表示する

恩賜賞・日本芸術院賞

歴代授賞者一覧

授賞者検索

ジャンルで探す

賞で探す

フリーワードで探す(年度,専門,授賞者名などで検索できます。)

※授賞者名の一部,ひらがな検索可

歴代授賞者詳細

年度 専門 氏名 ふりがな 授賞理由
平成
30年度
第75回 第一部 恩賜賞・日本芸術院賞 真神 巍堂 まがみ ぎどう 「碧潯(へきじん)」(平成29年改組新第4回日展出品作)に対し 
平成
30年度
第75回 第一部 日本芸術院賞 彫塑 池川 直 いけがわ すなお 「時(とき)の旅人(たびびと)」(平成30年改組新第5回日展出品作)に対し
平成
30年度
第75回 第一部 日本芸術院賞 工芸 並木 恒延 なみき つねのぶ 「月出(つきい)ずる」(平成26年改組新第1回日展出品作)に対し
平成
30年度
第75回 第二部 恩賜賞・日本芸術院賞 詩・評論 荒川 洋治 あらかわ ようじ 処女詩集「水駅(すいえき)」以来,優れた詩集を持続的に刊行するとともに,充実した詩論を展開した業績に対し
平成
30年度
第75回 第二部 日本芸術院賞 小説・詩・評論 松浦 寿輝 まつうら ひさき 小説,詩,評論など多くの領域において,高度の水準に達した作品を創造し続けた業績に対し
平成
30年度
第75回 第三部 恩賜賞・日本芸術院賞 能楽
(大鼓方)
亀井 忠雄 かめい ただお 能楽の最高秘曲「姨捨(おばすて)」を始めとする様々な曲趣(きょくしゅ)を奏する卓越した技法による舞台成果に対し
平成
30年度
第75回 第三部 日本芸術院賞 作曲・ピアノ・指揮 野平 一郎 のだいら いちろう 作曲家,ピアニスト,指揮者,プロデューサーとしての長年の秀でた業績に対し
平成
30年度
第75回 第三部 日本芸術院賞 組踊 宮城 能鳳 みやぎ のうほう 組踊における卓越した技法による舞台表現とその継承発展に寄与した功績に対し
平成
29年度
第74回 第一部 恩賜賞・日本芸術院賞 日本画 田渕 俊夫 たぶち としお 日本画「渦潮」に対し
平成
29年度
第74回 第一部 日本芸術院賞 洋画 湯山 俊久 ゆやま としひさ 洋画「l’Aube(夜明け)」に対し
平成
29年度
第74回 第一部 日本芸術院賞 工芸 三田村 有純 みたむら ありすみ 工芸「月の光 その先に」に対し
平成
29年度
第74回 第一部 日本芸術院賞 土橋 靖子 つちはし やすこ 書「かつしかの里」に対し
平成
29年度
第74回 第二部 恩賜賞・日本芸術院賞 評論・翻訳 芳賀 徹 はが とおる 著書「文明としての徳川日本一六〇三-一八五三年」に対し
平成
29年度
第74回 第三部 恩賜賞・日本芸術院賞 文楽 鶴澤 清介 つるさわ せいすけ 長年の文楽公演における三味線の演奏。 子供たちのための新作文楽の作曲。 「かみなり太鼓」(平成二六年七月)、「ふしぎな豆の木」(平成二七年七月)等に対し
平成
29年度
第74回 第三部 日本芸術院賞 歌舞伎 中村 扇雀 なかむら せんじゃく 「桂川連理柵 帯屋」お絹(平成二九年四月)、「新口村」傾城梅川(平成二九年一一月)等、近年の歌舞伎俳優としての活躍に対し
平成
29年度
第74回 第三部 日本芸術院賞 舞踊 花柳 寿楽 はなやぎ じゅらく 平成二九年に上演された「一人の乱」、「関の扉」、「高野物狂」の三演目。それぞれ異なった役柄を演じ分けた技柄とその品格の高さに対し
平成
28年度
第73回 第一部 恩賜賞・日本芸術院賞 髙木 聖雨 たかき せいう 書「協戮」に対し
平成
28年度
第73回 第一部 日本芸術院賞 日本画 西田 俊英 にしだ しゅんえい 日本画「森の住人」に対し
平成
28年度
第73回 第一部 日本芸術院賞 洋画 根岸 右司 ねぎし ゆうじ 洋画「古潭風声」に対し
平成
28年度
第73回 第二部 恩賜賞・日本芸術院賞 評論 渡辺 保 わたなべ たもつ 演劇全般,特に伝統演劇の本質を綿密かつ精緻に探究した長年にわたる評論の業績に対し

賞の概要へ戻る

ページの先頭へ

Copyright © 2015- The Japan Art Academy. All Rights Reserved.